フユボダイジュエキスの入ったフィンジアが11本
フユボダイジュの花のエキスがフィンジアの育毛有効成分10種の一つです。
主にセンブリエキスやボタンエキスと同様、
血行促進の効能に期待して配合されています。

 

さらに抗菌作用もはたらくので、
頭皮の健康を毎日のスカルプエッセンス使用によって、
やさしく保ってくれるというメリットがあります。
以下よりフユボダイジュエキスの成分内容を参照しましたので引用します。

 

シンボルツリーや街路樹、庭園樹に適した落葉高木です。
ハーブとしても利用され、リンデンやスモールリーブライム
とも呼ばれています。
肌へは抗菌、鎮静、血行促進、エモリエント、抗炎症、
抗菌等の作用があります。
ヨーロッパでは、昔から薬用植物として用いられ、
ハーブテーとして愛用されています。

出典元:サンダースベリー食品の植物図鑑より引用
http://www.sandersperry.jp/ourconcept/visualdictionary/tabid/264/Default.aspx

 

医薬部外品の育毛剤やシャンプーなどに、
主力級で配合されている育毛有効成分の10種類につきまして、
主に血行促進への効果が期待できますね。

 

そして血行を良くした頭皮の毛穴に、
看板メイン成分になるキャピキシル+ピディオキシジルを浸透させることです。
安全性を確保しながら大きなヘアケアを期待できる最上の方法です。
これ以上の成分配合となるとフィンジアではなくて、

 

副作用の危険を伴う”ミノキシジル”などを検討することになります。
安全性を重視しながらの育毛だったら現時点でフィンジアが、
一番だと確信しています。

フィンジアの公式サイトはこちら