フィンジアのボトルの底
フィンジアの決め手となりそうな育毛有効成分のヒキオコシエキス、
ヒキオコシエキスに期待できる頭皮への”気つけ効果”ですね。
気つけ = 覚醒
つまり!ゲートアクセス理論というフィンジア独自の「毛穴を開く」システム。
そのはたらきのメインがカプサイシンになりますが、

 

フィンジアには肌にやさしく新陳代謝を高めて、
血行促進のはたらきをしてくれる頭皮を活性化させる成分です。
通常飲んだら苦みがある漢方のようですね。

 

シソ科植物のヒキオコシやクロバナヒキオコシの茎・葉から抽出して得られるエキスです。
両種とも全草を乾燥したものを延命草と呼び、
茎・葉に苦味質を含み、健胃苦味薬として煎じて服用されてきた。

化粧品に配合すると、血行促進作用があり、皮膚の新陳代謝を高める。
基礎化粧品・石鹸・シャンプー・リンスなどのトイレタリー製品、
頭髪用化粧品に使用される。

出典元:化粧品 知っトク情報・資料館/ヒキオコシ葉・茎エキスより引用
http://cosmetics-suhadabizin.com/archives/51513216.html

 

ヒキオコシエキスは医薬部外品の育毛剤では、
普通に配合されています。

血の巡りを良くしてピディオキシジル2%(ミノキシジル誘導体(類似作用))が、
奥まで届いて私の長期体験のように結果を出してくれる可能性が高いです。
フィンジアはメイン成分の集合体のようなベスト育毛有効成分ともいえる、
主力級の成分配合スカルプエッセンスですね。

キハダ樹皮エキスの効果は頭皮の引き締めが期待のフィンジアへ

 

 

 

[`friendfeed` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア
LINEで送る