ここまで続けられた今夜もフィンジアを使うことができた。
そして育毛剤の実戦による結果が視覚的にも頭皮に出てきた。
この思いにつきます。

 

手遅れ系ハゲなオッサンがカツラをつけない理由は過去のトラウマから!
そうです。私は今日のフィンジアの332日目のレビューを終えてから、
フィンジアを使ってきてよかった!と改めて実感したのです。

 

私の死んだ親父が苦しんだ昔のカツラ事情を子供時代から、
マジマジと生活の中で見てきましたからね。
本当に親父は当時のカツラで苦労していました。

 

その苦労とは?

  • どう見ても人工的な髪形に見えた
  • 手入れをするのも大変だった
  • 脱着をするのは中の「パッチン」音が気にかかる

 

親父は本当に苦労していました。
そんな親父を見て育った私は心の中で、

 

「俺は遺伝でハゲてもカツラはつけない」

 

「もしハゲたらスキンヘッドにする」

 

 

と心に決めていました。
30代からは始まって40代半ば以降から一気に薄くなった私のアタマ。
それでも30代前半で美容師の先輩から半ば強引に売りつけられた・・・

 

大手メーカーのカツラ(当時20年前1997年頃)でした。

 

 

営業マンも自分で見事なカツラをつけて、
明るく前向きにカツラライフを勧めてきました。

 

私は先輩と大手かつらメーカーの口車的な営業に乗せられて、
ローンまで組んで合計36万円のカツラを購入したのです(涙)

 

 

これが私のカツラに対してのトラウマになりました。
まだまだ髪の毛の量はありました。
だってM字部分が透けて頭頂部後方がやや地肌が見えていただけですからね。

 

もちろん今の改善されてきた私の薄毛状態よりも、
30代でカツラを購入した時のほうが断然!
髪の毛の量はありましたよ。

 

比率でいえば・・・

 

2017年現在3万本? VS 1997年薄毛を自覚したとき7万本?

 

という自己判断になります。
そして結局はカツラも装着する機会も2度3度ほどで箪笥の肥やしに変身・・・
二度と日の目を見ないまま保管状態も悪く処分してしまいました(汗)

 

という過去を持った私ですが、
20年の年月を超えて育毛剤という”頭につけるだけ”の液体で、
見事に加齢を物ともせずに改善に成功しています(嬉)

 

 

スカルプエッセンスFINJIAで実現できたこと

まだ1年間の継続レビューまで1か月程度、
時間もありますが大枠ではフィンジアの効果は見えてきています。
フィンジアというか育毛剤自体の長期継続による使用から、

 

実際には手遅れ系ハゲからボーボーフサフサまで回復させるのは、
至難の業です。

 

私個人、あらゆる角度から補助的な”育毛に良い習慣”も取り入れましたが、
(シャンプー法・食事法・睡眠・髪の毛の乾かし方など)

 

やはり時期的な自然現象になる抜け毛は容赦されません。
抜けるときは抜けます。

 

このヘアサイクルの周期になる抜け毛は、
防げないのです。

 

ならば抜け毛を受け入れたうえで、
育毛剤を有効的に使ってきた次第です。
新毛が生えて育ちやすい頭皮環境を作ってきたのが育毛剤の実践でした。

 

まだ終わるわけではありませんが、
リスクが高くなりますが育毛剤だけでは限界もあるのかもしれません。
もちろん育毛サプリも試してきましたから・・・

 

副作用のない頭皮に良いことは取り入れてきた!と自負しています。
だけど今以上に髪の毛の復活と改善を目指すならば!

 

育毛剤で頭皮環境を整えつつ・・・
現状を維持しながらも医薬品の使用も必要だと考えるようになりました。
これは2013年から長期にわたって育毛剤を使い込んできたからこそ、

 

見えてきた次のステップです。
もちろん私の育毛剤実践レビュー動画を拝見してくれた方からも、
時折、「ミノキシジルやフィナステリドについて」

 

使ったほうが良い!

 

というアドバイスをもらっていました。
副作用や危険性を考えると躊躇していたのも事実です。

 

だけど・・・
ここまで改善できた薄毛状態の変化に、
正直!私も欲が出てきたのです。

 

「もっと生やしたい!」

 

「背がない分ハゲを克服したい!」

 

「もっと若々しくなって行動的におしゃれがしたい!」

 

そんな思いが強くなってきました。
そのためにも実践してきた育毛剤の長期レビューでした。
おかげさまで私が実験台となって動画レビューを続けたことで、

 

フィンジアの結果は過去最高の状態以上?黒さ比較

このようにここまでは改善できることが証明できました。
ならばせっかくなら、今以上のフサフサした髪の毛が欲しい!

 

現在では昔とは違って”カツラ”も進化してきてはいますが、
自毛でのハゲ脱却をマジでガチで目指そうと思っています。

 

それには・・・
今まで封印してきた”医薬品”も使うことも必要だと感じています。
医薬品はミノキシジルタブレット、
プロペシア・・・
最近話題のデュダステリド!

 

さらに上記のプロペシアなどのジェネリック品になる薬、
フィンペシア・フィナバルト・フィナロイド・プロスカー!
何が私に合うか?は使ってみなければ答えは出ません。

 

ということは・・・!
考えるよりも行動のみですね。
フィンジアの効果が落ち着いてきている現状なので、
タイミング的には始めやすい時期でもあります。

 

しかも飲むだけの簡単な取り組みのようなので、
続けるのも楽ですしね。
気になるのは副作用のリスクと医師に処方してもらう!
という金銭的な費用もありますからね。

 

2013年から続けてきた育毛剤実践の真実のレビューも、
そろそろ効果の天井も見えてきた気もしています。
私よりも髪の毛の状態が良い場合や、

薄毛の頻度も軽いあなたならば、
育毛剤だけで大体の薄毛は解決できる!と感じています。
もちろん私が改善できたのですからね。

 

ただ私と同じような薄毛状態で悩まれているあなた!
今以上の効果を期待するには育毛剤だけでは限界かもしれません。

 

私は以前、外部の育毛剤の紹介サイトで拝見したところ・・・
育毛剤と医薬品を併用している人を見かけました。
物は考えようですね。

 

医薬品を育毛サプリ感覚で飲み続けて、
副作用とか感じたらやめてしまえばいいことです。

その保険的な要素で医薬品と一緒に育毛剤も使っていくことです。
育毛剤はフィンジアで1年使った後に使う予定もありますから。

 

つまり言い換えるとAGAを始めるってことですね。
今時点で考えはまとまりつつあります。
これほど大げさに言うほどのことではないかもしれません。

 

使ってみれば大したことがないかもしれません。
だけどここまで育毛剤の力で結果を出せた私の取り組みから、
育毛剤以外の医薬品の力を使うとなると予定外ってことなのです。

 

まあここまで熱い思いを言わせてもらったからには、
取り組んでみなければ先は見えてきませんよね。
とにもかくにも・・・

 

フィンジアで得られた結果に感謝して、
改めて育毛剤の力を実体験からここまでは実感できる!
と認識できました。
フィンジアの公式サイトはこちら

 

 

 

[`friendfeed` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア
LINEで送る