手遅れ系ハゲなオッサンが改めてフィンジアの底力を感じました。
2017年2月17日金曜日・・・
その理由は!
頭皮への刺激(毛根の覚醒)と爽快感、
さらに前髪部分の髪の毛に軽いフサフサした元気さを確認したからです!

 

 

昨日は仕事の疲れからか?フィンジアを使う場面を撮影する気力もなく、
グッタリと眠ってしまいました。
おかげで312日目のフィンジアのレビューは”幻”となってしまいました(笑)

 

今日は昨日レビューできなかった流れから・・・
面倒くさくなりがちな心境を打破するがごとく!
動画撮影と記事投稿をしている次第です。

 

 

冒頭でも言いましたが!
フィンジアの底力って?何?
ってことですよね。

 

それは最近、フィンジアに慣れてきているのか?
爽快感や使用感も感じないかなあ・・・なんて思っていましたが、
今夜は洗髪後にシッカリとフィンジアを使用していたときに・・・

 

スカーッとする刺激を実感できたからなんです。
その時に私は思いました。
「このフィンジアの刺激こそ毛根を開くゲートアクセス理論」

 

ゲートアクセス理論とはフィンジアの販売店のユーピーエスが、
フィンジアのパンフレット内で解説している独自のテクノロジーのようです。
カプサイシンの刺激が汗をかくように毛穴を開いて、
フィンジアの有効成分を開いた毛根の中まで届ける!

 

 

そんな理論でフィンジアは独自のスタイルになっているということです。
このゲートアクセス理論を思い出させてくれた今日の使用感ですね。
さらに前髪にもフサフサした感触を感じ始めました。

今日は久しぶりにフィンジアの小さいボトルから想像できないパワーを感じました。
私には合っている!だから続けられる!そして効果も実感できる!
もし何も変化を感じられなかったら今日まで313日もフィンジアを毎日使ってないです。

フィンジアに感謝ですね。
⇒副作用0で結果を出すFINJIAはこちら

 

 

 

[`friendfeed` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア
LINEで送る