049

髪の毛は18種類のアミノ酸が結合されているタンパク質でできているのです。
ということはアミノ酸系のシャンプーや育毛剤はタンパク質を形成するには、
打って付けの成分になりますね。
アミノ酸系のシャンプーはこちら

 
髪の毛は18種類のアミノ酸が結合されてできているタンパク質ということです。

 

 

髪の毛の99%はケラチンという18種類のアミノ酸が結合されてできたタンパク質。
ケラチンは重要な役割をするってことですね。

 

特にケラチンの中でも多い全体の構成比率15%を占めるシスチンを多く含む食品は、
以下のとおりです。

 

  • 牛乳
  • 牛肉
  • 羊肉
  • オートミール
  • 小麦粉

 

全体の構成比率10%で次に多いのがグルタミン酸
グルタミン酸も重要ですね。グルタミン酸を含有する食品は以下のとおりです。

 

  • 昆布
  • 椎茸
  • 白菜
  • 緑茶
  • トマト

良質なタンパク質
良質なタンパク質こそ髪の毛の生成に必要ですね。

 

納豆 ネバネバ成分に含まれるムチンにはタンパク質吸収促進作用あり
ムチンは熱に弱くて加熱によって破壊されるから、
「納豆汁」などはせっかくの栄養を補給できないですね。

 

亜鉛
亜鉛は加熱によって栄養素が壊れない
亜鉛の不足は頭皮にも影響があるようですね。

髪の毛を構成するアミノ酸が足りていても亜鉛が不足していれば、
髪の毛は再生されない!ってことですね。

亜鉛は牡蠣によって吸収できます。

まとめますと
大豆製品と亜鉛が摂れる”牡蠣”と昆布や小麦などが髪の毛を作るってことですね。

育毛剤の成分を比較して見直してみたら!

[`friendfeed` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア
LINEで送る